レイアウトで大切なこと

レイアウトで一番に大切なことカテゴリーは、むずかしがらない こと、難儀顔をしないことではないだろうか。しきりにむずかしがると、頭をかかえこむ悩みが倍加され、辛きは果てしがない。 だから、じいっと考え込むのではなく、考えを用紙に次つぎとラフスケッチしていく、とにかく描 きつつ考える方法をおすすめしたい。
まず用紙を、タテ型かヨコ型かをきめよう。催し事関係にタテ位置が多い理由は、直線的な訴求力、タテ視覚の速度感、緊張性の応用にある。ヨコ 位置の視覚効果は、横広がりの明るさというか、独得の母性的な抱擁感覚が生じやすい特性がある。 レイアウトの配置力点は、 素直にズパリと 紙面がせまいこともあって アイキャッチャーの図柄イメージを中心に、 一方向タイプの視線のながれ、視覚構成をとってみる。 伝達内容の紙面化、視覚化は、素直に、率直に、ズパ リと表現する方法がよい。
チラシは、よほどの緊急配布以外は、両面刷りが基本で、多文案必要型の学習、教養、宿泊性行事の場合は、二つ折り四ページにすることが多い。

“レイアウトで大切なこと” への1件の返信

  1. A WordPress Commenter9月 24, 2018 8:14 am返信

    Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

A WordPress Commenter にコメントする コメントをキャンセル